新人研修に思うこと

帆船日本丸

4月の1314日の二日間、横浜の帆船日本丸の訓練センターで新人研修の講師を務めてきました。

 

当日は、やや風はあるものの快晴に恵まれました。集まった67名の新人さんは、日本丸のマスト上り下りに足を震わせながら、恐怖の貴重な体験を通してチームワークの大切さを痛感したようです。

 

一方、座学担当の私は、新社会人としての自覚とマナー、コミュニケーション、そしてグループワークを、皆で夜9時過ぎまで討議しました。

 

ある女子の新人さんから「社会人として重要なことは、信頼されること」という発表があり、皆の目がウロコ状態になっていたのが印象的でした。この信頼ということ。これは、企業にとっても一番重要なことであり、社員が信頼に足る人物であれば、クライアントからも高評価を頂戴することができます。

 

そして、信頼できる新人を目指すことで、少し位の苦難は乗り越えられます。とても大切なひと言が受講生から聞かされました。今回の新人さんの意識の高さは、これからの日本にとっても明るい材料なった気がいたしました。

 

株式会社ビズソルネッツ 代表取締役 阿比留眞二

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です