働くわれわれの課題解決ヒント集㊱

  • TOP
  • [カテゴリー: お知らせ]
  • 働くわれわれの課題解決ヒント集㊱

 

事実に基づいて考える

 

実際の課題解決の研修の際も、必ず事実に基づいた事象という考え方を使います。なぜならロジカルシンキングで考えるとき、ひとの思い込みや好き嫌いは百害あって一利なしだからです。

そのような雑念は、課題解決の妨げとなり、課題発見、真因の追求につながりません。やはり頭を柔軟にして、素直に課題に向かうことが必要です。

間違った流れを作らないためにも、できるだけ客観的に物事をみる癖をつけてください。それができるようになるだけでも格段の進歩となります。

 

課題解決コンサルタントⓇ 阿比留眞二

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です